2015年11月12日

フランチャイズでビジネスをはじめるメリット3選!

未経験からでも始めやすい

自分で一から仕事を立ち上げる場合には当然商店であれば販路や仕入先などの人脈やさまざまなノウハウ、技術系の仕事ならば技術が必要となってきます。しかしフランチャイズでビジネスをはじめたときは、本部がコンサルタントとして手伝ってくれるため自分にノウハウがなくてもお金を用意できれば事業の立ち上げから運営の初期の部分までのアドバイスをもらえます。なのではじめの一歩を踏み出す方法としてはフランチャイズは有効な手段です。

ブランド力を利用できる

はじめから自分で立ち上げた場合は認知されてないうえ、周りの信頼も当然ありません。しかしフランチャイズを利用することによってすでにフランチャイズに加入しているフランチャイジーや本部の販促や宣伝の影響によりはじめから認知されていることはもちろん信頼もあります。なので自分で頑張らなければいけない部分はその後の運営に専念することができるので、はじめからぜんぜんうまくいかなくて撤退といった事態を避けることができます。

事業拡大が容易にできる

一店舗成功させたのは良いが、そのあと2店舗目、3店舗目と増やしていきたいと思ったときに、費用がかさんだり、従業員の確保が難しかったりして結果としてうまく立ち行かなくなってしまうケースは多々見られます。こんなときもフランチャイズでしたら、次の出店計画を本部と相談してはじめることができますし、場合によっては土地の交渉を本部から借りたりすることにより、大変な部分を本部に任せることによりスムーズな経営が可能です。

代理店とは、ある特定の会社や企業と契約を結んで、取引の代理をつとめたり、仲介役を担ったりする店です。