2015年11月7日

代理店の仕組みはどうなっているのか?その概要について

代理店のメリットは何か

良く街中に、代理店という文字が入った看板を、見かけることがあると思います。特に、保険代理店や化粧品代理店が多く見受けられますね。ところで、代理店とはいったい何なのでしょうか。答えは、商品・サービス供給業者が作った物を専門に売ることができるお店です。普通のお店との違いは、卸業者を通さずに、商品を直接仕入れている点です。有名な商品やサービスを使って商売をすることができるので、少ない資金で開業することができます。

供給業者にとってのメリットは

供給業者にとっても、メリットが享受できます。自社の販売網を直接持たなくても良いので、費用を少なく販路が拡大できるというメリットです。もし、すべて自社で賄わなければならないとしたら、人件費や設備費、維持費など諸々のコストを、すべて負担しなくてはなりません。その点、代理店契約を締結する方式でであれば、一定の手数料を支払うだけで販路を拡大できるのです。そのようなことから、多くの供給業者に利用されています。

代理店の現状について

代理店は、供給業者と代理店となろうとする者が、代理店契約を締結することで始められます。前述のように、両社にメリットがある形態ですが、近年、インターネットの発達により、その利点は揺らぎつつあります。それは、供給業者も、インターネットを使って直接顧客と取引することで、少ないコストで販売網を拡大できるようになったからです。そのため、今後は、代理店が生き残っていくためには、インターネット販売にはない、人を介して販売するという独自の良さを、押し出していく必要があるでしょう。

代理店の募集があったときに注意しなければいけないのは、代理店とはどのようなものかを理解する事です。販売店とは異なりますのでご注意下さい。