2015年10月30日

トイレのつまりが起きた時にどうやって直しますか?

意外と重要なトイレや洗面所のつまり

普段自宅で何気なく生活をしているとなかなかわかりませんが、水回りが使えなくなるととても不便です。自宅の水回りの中でもトイレや洗面所のつまりが発生してしまった場合、生活そのものがストップしてしまう場合もありますね。少しのつまりで水がすぐにひかない場合などであればそれほど深刻ではありませんが、つまりの状態がかなり深刻で、水が全く流れないなどの場合はすぐに修理をするべきでしょうね。修理をする場合にはまず自分でやってみることです。

ラバーカップは常備しておこう!

トイレのつまりにしても、洗面所のつまりにしても素人でも簡単に直せる場合がります。それがラバーカップです。ラバーカップとは別名すっぽんという名前がついていますが、50センチぐらいの木の棒の先端に黒いべこべこした奴がついているものです。たいていは一家に一台はありますが、ない場合は100円ショップなどにも売っていることがありますので事前に用意をしておくといざというときにとても役に立ちますね。また、洗面所の場合は、洗面所の下を開けてS字になっているパイプを開けてみると解消する場合もあります。

どうしても直らない場合は業者に頼もう

ラバーカップを使ってもあるいはS字の部分を開いても直らない場合は業者に頼むしかありません。業者に頼む場合に気になるのがその料金ですね、洗面所やトイレのつまり自体は1万円もあれば足りることがほとんどです。ただし、部品などが破損している場合には部品代もかかってしまうため、1万円を超えることも少なくありません。業者は専用の機械を持ってきて直すこともありますので時間は1時間以内に直ることが多いのです。どうしても生活に支障をきたす場合には思い切って業者に頼んでみましょう。

水道工事とは、トイレやキッチンなどの水回りで使用する水道を、新たに作ったり修理したりする工事のことです。