2015年10月28日

子どもには注意!トイレ詰まりの原因はいろいろ

いちばん多いのが紙詰まりです

トイレが詰まると、トイレが使えなくなるのも困りますが、汚れた水があふれてきて床を汚してしまうのも大いに困りますね。トイレ詰まりでいちばん多い原因は、トイレットペーパーです。特に、小さな子どもは適切な量で使うことができないため、一人でトイレをさせるととんでもない量のペーパーを使ってそのまま流し、親が気づいたときにはときすでに遅し、ということがよくあります。そうならないよう、適切な量と拭き方はしっかり教えましょう。

節約も詰まりの原因になるかも?

節約方法などのバラエティ番組が流行った頃、トイレのタンクに水の入ったペットボトルを沈めておき、一度に流れる水の量を減らすという裏技が紹介されました。確かに、少量のトイレットペーパーならそれでも十分流れるのですが、ちょっとトイレットペーパーの量が増えると流れきらない可能性があります。最新式のトイレは、ちょうどしっかり流れるくらいの水が出るようになっているため、このような節約の小技は必要ないことが多いです。

他にもある珍しい詰まり原因

たいていの詰まり原因はその二つですが、中には「そんなことで?」というような原因もあります。ボールペンなどを便器に落としてしまったときに気づかずに流してしまい、それが排水溝の途中でひっかかることがあります。そこへペーパーがどんどん絡まっていき、時間差で詰まってしまいます。また、繊維質のものをたくさん食べ過ぎると便が詰まりやすくなる、とも言われています。日本人はもともと野菜や海藻を多く食べるので、流れにくい便だとも言えるでしょう。

トイレの水道修理を業者に依頼する時に、あまり考えないで業者を選んで依頼して、後から高額な料金を請求されることがあるので、現場事前見積り同意後作業をできる業者を選ぶとで、トラブルを避けることができます。