2015年10月28日

インテリアに使える!カーテンで注目できる種類

窓際を彩るインテリアになってくれるカーテン

カーテンは、部屋を彩るインテリアとしての側面を持っています。カーテン選び次第で、部屋の雰囲気は大きく変わります。一般的によく使われているのが、窓際に掛けるタイプのカーテンです。主に遮光やプライバシー保護のために使われ、機能面でも優れています。窓際に掛けるカーテンは、インテリアショップやホームセンターでも取り扱われていて、入手性も申し分ありません。ショップを巡ってみれば、お気に入りの柄もすぐ見つけられるでしょう。

部屋の装飾に最適!ストリングカーテンで得られる効果

カーテンは、布によるものだけではありません。ストリングカーテンは、糸をたらして平面的に配置したものです。細い糸であっても、それらを組み合わせることでカーテンとしての役割を果たせます。通気性がよく、オシャレな点が魅力的です。窓際よりは部屋の中の装飾に用いるインテリアとしての利用が多いですね。見た目のバリエーションが豊富であり、家の中の見栄えをよくしてくれるアイテムとして、機能を十分に果たしてくれます。

インテリアにもなる?機能性のいいビニールカーテン

インテリアとしてよりも、機能性重視で選ぶのであれば、ビニールカーテンの選択肢もあります。ビニールカーテンは、光は通しつつ空気の流れを社団する事ができる機能性を持っています。一般的に工場などで使われているものの、工夫すればインテリアとしての活用も有効です。空気の流れを遮断すれば、断熱効果が大きいです。柄を上手く取り入れれば、シンプルで味気ないビニールカーテンも、インテリアとして使えるようになれるでしょう。

ひもカーテンは空間を間仕切りする際に非常に役に立つので、雰囲気を少し変えたい場合などには活用してみると良いでしょう。